吉田 麻衣子

2017年6月23日 金曜日

子どもの観察力

先週、テレビで『インサイドヘッド』が

放送されたのを録画した。

登場人物の頭の中に

よろこび、かなしみ、いかり、など

いろんな種類の感情があって

起こる出来事にどの感情が主導権を

取るかによって、言動が変わるという

まさに人間の思考構造そのものだと

思わせる内容。

これを見ていた長女は

『これってずーっと繋がって続いていて

わけわかんないね』

どういうこと??

『頭の中に感情の人たちがいて

その担当がそうさせているとしたら

その担当の頭の中にもこういうのが

いるわけでしょ?そのまた中にもいて。

ずーっと続いていて、最後はどうなって

いるの?』


いや、これは感情を人に例えたアニメ

だから、と思いながらも

そんなこともあるかもな…と。

喜びの中には喜び以外ないのか?

んー……わからない。


あ、これはあきらめ、かな。


そう思うと面白い。


そして、頭の中って忙しい(^^;


投稿者 Attina