吉田 麻衣子

2017年3月14日 火曜日

休日のランチ

昨日はお休み。

同じマンションのお友達と

おうちでおでんパーティーをした。

昼間から飲めるお酒にワクワク。

残念ながら私は運転する予定だったので

ノンアルコールで乾杯。

数年前までは顔見知り程度で

挨拶するだけの関係だったのに

今では一緒にランチする仲になるなんて。

一番盛り上がったのは

娘を溺愛する旦那さんに困る友達の話。


うちの、自称モテ女子も認める

かわいくて人気者のそのお友達の娘さん。

娘がもらったラブレターを見つけては

『これはどこの誰なんだ!』とすごい剣幕で

友達(ママ)に問い詰め

授業参観に行けば、席の真横に張り付き、

運動会で男の子と肩を組んで応援している

姿を見つけては、児童席に割り込んで

2人を引き離す、という

まるで漫画やドラマのような毎日らしい。


私たちは大笑いしてしまったけど

友達は真剣に父と娘の行く末を心配していた。

うちの旦那さんは全くそんなことはないけど

私の父がそうだったかもしれない。


中学生、思春期になってツンケンする私に

駅で売っててかわいかったから
キティちゃんのぬいぐるみを買ってきたぞー
お前好きだろう?
部屋の中にノックもせずに入り
『いつの情報だよ』と冷たくされ

お風呂に入っていれば突然ドアを開け、
『おー、お母さんが入ってるのかと
思ったよー』とニヤニヤするところに
お湯をかけられたり

酔っ払って帰って来た外から
夜中なのに大声で窓際の私の部屋に向かって
『まいちゃーん、ただいまー』
と叫んだり。

そんなことを思い出した。

当時はそんな毎日が鬱陶しかったけど

愛されていたんだな、と心から感じる。

今も実家にたまに帰ると

近所の方に

『いつもまいちゃんの話してるわよ』

と言われ、もっと頻繁に連絡しなきゃな、

と反省をする。


友達親子もこらからどうなるのか

密かに楽しみ^ ^







投稿者 Attina