吉田 麻衣子

2017年1月24日 火曜日

昨日の出来事。

次女の担任の先生から電話があった。

『最近、宿題や持ち物忘れが多くて困る』

との内容。

しかも、忘れても全く気にする様子もなく

飄々とした態度に先生も不安を抱き、

連絡帳にその件で電話したいので

都合のよい日時を知らせるよう

先週書いたのだが、返信が無い為

お母さんに見せていないのではないかと

確認の連絡をくれたようだ。


習い事から帰宅した次女に前に座るよう

声をかけると、不穏な空気を察知して逃げる。

5分くらい抵抗した後、渋々目の前に座る。

先生から聞いた内容に間違いがないか

聞くと

『そうだよ。連絡帳は出すの忘れてただけ。』

とあっさり。

『宿題もやろうと思ってるけど、

いつも時間がなくなってできない』

と。

想像はつくが、帰宅後にまずオヤツを食べる

(食べたらでやろう)食べ終わると…

友達が呼びに来て遊びに行く

(帰ってからやろう)帰宅すると…

テレビがついているので見る

(この番組見たらやろう)見終わった頃

ご飯食べる

(食べたらやろう)食べると…

お風呂入る(あがったらやろう)あがると

眠くなる(明日の朝やろう)

朝は眠くてなかなか起きられない

結局家を出る時間でできない。


それでも提出する場さえ気まずい思いしても

その時が過ぎればコロッと忘れちゃうと。

はぁ。。


長女はこんなことなかったのに…

でも

私は忘れ物が多い子供だった。

連絡帳に書く事自体忘れることが多く

中休みにこっそり学校抜け出して

家に忘れ物を取りに帰ったことを

鮮明に思い出す。

遺伝か…いや、違う!いや、そうなのか…


まず約束を守るとは?から話し合い

最終的には

『やることチェックリストを作って

終わったら家族にチェックしてもらう』

というアイディアを本人が出した。



ダイエットと同じで、1人だとすぐ

怠けてしまうから。

確実にやれるよう、サポートしていこう。




投稿者 Attina