大久保 誠二

2015年1月16日 金曜日

美容業界の離職率を下げる取り組み

皆さん、こんにちは!

Boss大久保です。

今日は、少し早い春のような天気ですね。

オーナーになって考えることの中に、優れた人財をどうしたらリクルートできるか?があります。

そのことを考えていたら、そもそも美容界は新卒以外に堂々と転職活動をすることはないことに気づきました。

もちろん、職人の世界でもありますから、自分を育ててくれたボスに感謝して、長く働くことは礼儀だとも思います。

しかし、もっと自由に自己実現する会社に転職しても良いんじゃないか?とも思います。

実際、Attinaの10年選手のスタイリストがいて、他のサロンに転職すると思うと、手放しで「いってらっしゃい」とは言えないかもしれません。それをオーナーがやり続けていると、自己実現するのは「独立」するしかないような状況です。

ただでさえ、人口が減っているのに、美容室の数が増えるのは非常に業界としてのバランスがよくありません。と言っている私も独立したのですが。

そこで、思い切って、美容師が転職しやすいような世界をみんなでつくるのが良いと思います。

そこには、オーナー側にリスクがありますが、志を持って経営していれば、よりそのサロンにマッチングした人財が集まるという現象も起きるでしょう。

それ、私やります。現在やってます。

賛同してくれる方(オーナーの方)、一緒にやりましょう!






投稿者 大久保 誠二